Model Mart
リンク用バナー
Flash Playerをダウンロード

動画の再生には、Macromedia Flash Playerが必要です。
上のボタン画像をクリックし、手順に従ってインストールしてください。




チャレンジCUP2013年


>>ポイントランキング

ポイント表は下記を参照
  1位100P 2位95P 3位92P 4位90P 5位89P 6位88P 7位87P 8位86P 以下1Pずつ減算




 ●1/10GPツーリングカー
1 レース開催の是非について
レース開催前日の午後9時頃発表時点での天気予報の降水確率が80%以上の場合は、その日のレースは一旦中止とします。
順延等の場合は後日発表致します。
車検項目 ※当日の車検は状況に応じて行います。
 @車体重量:走行状態に於いて、車体最低重量は1650g以上とする。但し、計測用機器を取り付けた状態で、燃料を除いた重量。
A車幅:走行出来るようにタイヤを取り付けた状態で前後共に最大車幅を200mm以下とする。(ボディ幅は含まない)
 Bボディ:市販の1/10GPツーリングカー用ボディを使用する事。
       ウイング、スポイラー及びサイドプレートは車体に装着された状態で地上より120mmを超えてはならない。
       全高(ボディルーフ)は120〜175mmまでとする。
       リアバンパーのカットラインは50mm以内とする。
       ※測定は全て高さ10mmのスペーサーの上にシャシーを水平に置いた状態で行う。
レース運営 3..レース運営
 @全レース、AMBオートラップカウンターシステムにて計測を行う。
 Aオートラップシステムに使用するAMBマイポンダーは各自用意し、適正な箇所に取り付け計測を行う。
 
4.予選
 @予選はスタッガー方式のスタートによる5分間の周回レースを3ラウンド行い、その中のベストタイムにより各選手の予選順位が決定する。
 A予選スタート順の1ラウンド目はゼッケン順でのスタート、2ラウンド目からは前ラウンドのタイム順にておこなう。
5.決勝
 @予選でのリザルト順にAブロック、Bブロックに分け、A、Bブロックの下位メインより勝ち上がり方式にて行う

 A決勝時間は下位メイン10分間、セミファイナル15分間、ファイナルは20〜30分間の決勝にて最終順位
   (決勝時間は天候等諸事情により短縮する場合がある)
 B決勝レースは全てグリットスタートによって行う。
 Cドライバースタンドでの各選手の立位置はグリッド順によって優先。



1/8 Racing(レーシング)

1/8
Masters(マスターズ)

車両レギュレーション Racing(レーシング) Masters(マスターズ)

車両検査 競技に参加する全ての車両はいかなる場合にも下記の数値に適合しなければならない。
各選手はレースディレクターの指示に従い、いかなる場合においても車検をうけなければならない。
レースディレクターはレース期間中、必要に応じて競技車両の車両検査を行う事ができる。

原動力 使用可能な原動機(エンジン)は、市販の21クラスのみとする。
※1/8マスターズにおいては OS製MAX21VGエンジンを無改造で使用すること。

車体 1/8スケールレーシングカーを使用すること。
動軸は独立したサスペンションを装備しなければならない。
全ての競技車両は出走時において、静止していることができなければならない。
車重は2525g以上とする(計測器を取り付けた状態で、燃料を除いた重量。)
バンパー 車軸前部には、観衆や他の競技車両に接触した際に、その被害を最小限にするための効果を持つバンパーを装備していなければならない。
駆動システム 前輪、後輪の駆動比率の変更を認める。ただし、後輪はリジットであること。
タイヤ タイヤに付着するグリップ剤、その他の溶剤の使用、加工は一切禁止とする。
燃料 メタノール、潤滑油、ニトロメタンで構成されていなければならない。
ニトロメタン含有料30以下の市販燃料が使用できる。
消音器(マフラー)及びインダクションサイレンサー 使用可能なマフラーは2010JMRCAに準ずる。

FMAREFRAROARFEMCA)に公認されているインテークサイレンサーを無改造でキャブレターに装着しなければならない。

燃料タンク 燃料タンクは一台の車両に一基とする。
キャブまでのメインチューブを含むタンク容量は125cc以下とする。
ボディ 使用可能なボディは2010JMRCAに準ずる
1/8スケールの少なくとも三色以上の塗装が施された、実物感のある(少なくともヘルメットと肩が有ること)ドライバー人形をボディの適切な位置に搭載しなければならない。
ボディーは三色以上の塗装が施された、実物感のあるペイントを施さなければならない。
ボディ開口部、カットライン 2010JMRCAに準ずる。
レースゼッケン 全ての車両は車体の前方(ボンネット)、左右(サイドドア)のウインドウを除く3箇所の
見やすいところにレースゼッケンを貼らなければならない。
ゼッケンは切ったり改造してはならない。